HOME > ベタ

ベタ (Betta)

ベタの聖地、タイへ行って仕入れる数は、1度に約1000匹前後。(クラウンテールダンボ、クラウンテールジャイアント、ハーフサンなど、)新しい品種の入手にも力を入れています。

「繁殖に挑戦」ページへ 「ベタのカラー分類」ページへ 「ベタの品種」ページへ

ペア飼育だと、楽しみも倍増!

目指せ、ベタブリーダー!

 

 

同じ色でも並べて見ると少し違う。

20種以上の美しいベタを掲載!

 

 

フルムーン、ハーフムーン、

ハーフサン…何種類ご存知ですか。

 

 

「海外訪問記」ページへ 海外訪問記 動画公開中!!再生ボタン

タイのベタブリーダーを巡る旅。

現地から最新の品種情報も!!

 

 

タイのマーケットなどでの買い付けの様子をご覧いただけます!

 

 

  

ベタとは

“ゴクラクギョ亜科ベタ属”に分類される淡水魚。

さまざまなカラーと大きく広がる美しいヒレをもつこの魚は、「極楽魚」と言われるのも納得の熱帯魚です。

 

別名を「闘魚」と書いて、“トウギョ”とも言うだけあって、雄同士向かい合うとヒレを最大限に広げ、体を震わせて「フレアリング」という威嚇の行動をとります。

「ラビリンス器官」という空気呼吸をする器官をもつため、ワイングラスやガラス容器に入れて飼われている様子がよく見られます。

ベタの原産地マップ

原産地は、タイのメコン川流域。

 

「ベタ」とは、タイの方言に由来する呼び方で、学名もBettaとされています。

ベタ属に含まれる50種ほどの魚を総称して「ベタ」と言いますが、その中でも、観賞魚業界でよく扱っている種類は、「ベタ・スプレンデンス」という種類です。この種類のことを指して「ベタ」と呼ぶことも多いです。


この種類で品種改良が進み、「プラカット」や「ハーフムーン」などと呼ばれる種類ができました。

ここでは主に、その改良された「ベタ・スプレンデンス」について、お伝えしていきたいと思います。


このページの先頭へ戻る